内野前進シフト

一点もやれない守備体形

声優のことをリアル〇〇(任意のアイドル名)と呼ぶ風潮

 やれ「アイマスは宗教」だの、やれ「アイマスは呪い」だのと、某ブログが散々リツイートで回ってきたりしていたのも1週間ぐらい前になるんでしょうか。

 後者の呪いというのはさておき、私的には前者の「アイマスは宗教」という部分に関してはおおむね同意しています。アイドルっていう偶像を崇めてますからね、とかそういう事じゃなくてね。

 

 アイドルマスターというコンテンツにおいて、今日切り離せなくなっている存在に「実際のドームを貸し切ってのライブ興業」がありますね。

 シンデレラガールズでは西武ドームでライブやったり、何か全国各地を巡るライブもやっていましたね。どれも大盛況の評判です。

 で、だいたいその手のライブがあった後ですね。ツイッターのTLで良く見かけるんですよ。「声優名はリアル〇〇(任意のアイドル名)だ!」っていうツイートを。

 

 おいおい、ちょっと待ってくれよ。となるわけですよ。

 

 僕からすれば、正直何言ってるのかよくわからないんですよ。声優は声優でしょ?アイドル自身ではないでしょ?となるわけなんです。

 

 閑話休題

 私がアイマスシリーズで一番愛しているアイドルとして「向井拓海」がいる。アイマスシリーズという枠を取っ払っても、私が人生で一番愛したキャラと言っても間違いない存在だ。やれガチャを回したり、先日のプロフェスで上位報酬になった際には所属プロダクションを移籍してまでも二枚取りに尽力する程度には好きだ。

 

 その向井拓海のボイスを担当する声優の名前を原優子という。もともとは舞台女優で鳴らしていて、何らかの契機があってオーディションを受けて向井拓海の声優となったといったところだろう。

 最初にボイスを聴いた時の感想は「イメージしてきた声とビタッとハマった」が正直なところだった。

 まず、よく声が出てる。向井拓海というキャラはゲーム中からのセリフからも見られるように、強気な性格でとにかく声がデカそうという印象を受ける。原優子は、まずその前提条件を余裕で飛び越えてきた。よくぞ、これだけイメージにハマる声優を見つけてくれたと思った。

 

 では、これだけイメージにハマる声を持っている原優子は向井拓海なのか?

 

 答えはノーだ。あくまでも原優子はどこまで行っても原優子でしかないし、私生活において向井拓海に近づけていっても永遠に交わることはない。どうやっても違うものだと。

 

 福原綾香は花屋の娘でもなければ、早見沙織はだじゃれ好きの25歳児でもないし、松嵜麗の家にきらりんハウスはないし、佳村はるかはすっかりライオンズファンになってしまった。

 

 正直言って、リアル〇〇と言うのはムリがあると思うんだ。ムリを強いるのもアレだし、「リアル〇〇じゃなきゃ、この声優は担当アイドルを愛していない!」というデタラメ論理は証明不可能である。アイドルと向き合い、声という彩りを添えてくれるだけで十分なのだ。それ以上を求める空気を作ること自体が何かプラスに働くわけでもない。

 

 最期にひとつだけ。声優がリアル〇〇(任意のアイドル名)を演じて、誰が幸せになれるんだ?

 答えを知ってる人がいたら、誰か教えてほしい。

 

 

 

 

山川穂高の件

予想外の展開、山川保留 西武選手7年ぶり 評価ポイントで球団とズレ(西日本スポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00010006-nishispo-base @YahooNewsTopics

 

 要するにコレのことです。

 特に滞りもなく契約更改も終わるだろう……と思っていたところにまさかの保留者。

 そう、彼の名は山川穂高富士大学からドラフト2位で入団した未来の四番打者を期待された大器。

 昨年までは守備下手と春先の絶不調、師と仰ぐ中村剛也のモノマネをしたりなどでなかなか開花どころか芽が出るのかコイツは……と嘆くファンも多数いました。

 

 今年もいつの間にか二軍へ消えては西武第2球場で本塁打を量産する日々……

 

 しかし!夏場に一軍昇格するとあれよあれよで本塁打を量産。なんと2か月連続月間MVP受賞という快挙を成し遂げました。

 夏場の炎獅子13連勝は、間違いなく山川穂高が主役でした。

 

 そんな彼を契約更改で待っていたのは、まさかの3000万以下の提示額。これには山川も笑顔なく保留せざるを得ないでしょう。

 実際問題、どの程度の額が落としどころなのか。今季の山川の成績を見てみましょう。

 

打率 .298(242-72)

78試合 293打席 23本塁打 61打点 19二塁打

四球46 出塁率.420 OPS1.081

 

 特筆すべきは全安打における本塁打の割合の高さでしょう。72安打のうち23安打がホームラン。ヒットの3割以上がフェンスを越える計算になります。頭おかしいですね。

 

 そして出塁率は驚異の.420。ホームランを狙いつつもカウントが悪くなれば粘って四球を選べるのも山川の魅力です。

 

 しかし二軍に消えてた期間があったせいで出場試合数は伸びず、規定打席にももちろん到達していません。これがかなりのマイナス査定をされたようです。

 

 それでもチーム3位の本塁打数を記録し、オフには侍ジャパンに招集され全試合4番を務めるなど目覚ましい働きをしてくれました。

 今年の山川の推定年俸が1600万であることを考えれば、倍増の3200万というのは妥当な落としどころではないでしょうか。